■ 2006年度総会 開催報告
 

2006年10月28日(土)16時より、オークラフロンティアホテルつくば本館3階“ジュピターの間”にて今年度の都市計画同窓会総会が行われました。既にご連絡した通り、今年度の総会は、社工設立30 周年記念事業(懇親会)との共同開催で,先生方をはじめOB・OG、現役学生の総勢約200名が集まりました。(都市計画からの参加者は、約70名ほどでした。)

 第1部(懇親会)では、去る10月に急逝された穂高先生への追悼の意を表し黙祷を捧げた後、初代学類長の長倉谷先生よりお言葉を頂戴し、腰塚副学長の乾杯で幕を開けました。歓談を挟んで、在学生による現在のつくばの生活紹介や当同窓会の紹介などが行われ、和気藹々と会が進行しました。最後に現学類長である吉田先生の挨拶の中で、来年度の学部再編により、社会工学類は理工学群にカテゴリーされること、学生数は現状の1学年120人程度は確保する予定であることなどが報告されました。

 第2部(通常の総会)は、18時より場所を別館に移して行い、黒川先生による来賓挨拶の後、2005年度の会計報告や新幹事紹介(新代表幹事:第6期の橋口様)、また同窓会九州支部の活動報告(第7期の立石様)など、恙無く終了しました。