■ 同窓会規約
  平成28年10月29日の総会において、同窓会規約の一部改訂が承認されました。
 

  変更点を赤字にて表記しております。
(以前の同窓会規約(平成27年10月24日改訂)はコチラへ)

第1章 総則

  第1条 本会は筑波大学社工都市計画同窓会と称する。
  第2条 本会は会員の動静を明らかにし,相互の親睦を図ることを目的とする。
  第3条 本会の本部を筑波大学社会工学類長室に置く。
  第4条 本会は地方支部を設けることができる。
     
第2章 会員,役員等
  第5条 1.本会は下記の者をもって正会員とする。
    1)筑波大学第三学群及び理工学群社会工学類都市計画主専攻を卒業した者。
    2)前項の課程に在学した者で,正会員が推薦し,第7条に定める幹事会が承認した者。
    3)都市計画主専攻担当教官の研究室に在籍した者で,正会員が推薦し,幹事会が承認した者。
    2.本会は下記の者をもって特別会員とする。
    正会員以外の現,旧教授,准教授,講師,助教,助手,技術職員,非常勤講師のうち,社会工学類都市計画主専攻を担当した者。
  第6条 会員は、別途定める筑波大学社工都市計画同窓会個人情報取扱方針に則り、第2 条に基づき必要と思われる個人情報の提供、更新に協力するものとする。
  第7条 本会には下記の役員を置き、幹事会とする
    代表幹事:1名 副代表:2名 会計:2名 会計監査:2名
    幹事:卒業年次ごとに1名(上記役員を選出した年次を除く)
  第8条 1.代表幹事、副代表、会計及び会計監査は、正会員の中から幹事会で選任し、総会の承認を得て決定する。
    2.幹事は卒業年次ごとにその卒業年次の正会員の互選により選出する。      
    3.幹事会の決定により会長を選任することができ、その任期は幹事会で決定する。
  第9条 1.代表幹事は、本会を代表し会務を総理する。
    2.副代表は、代表幹事を補佐し、代表幹事に事故ある時はその職務を代行する。     
    3.幹事は、代表幹事の命により本会の業務を処理する。
    4.会長は、本会の主要事項について諮問に応じる。
  第10条 役員の任期は2年(通常総会から次々回の総会まで)とし、原則として再任しない。やむを得ない事情により幹事等の交代が必要になった場合には、同一卒業年次の正会員の中から、幹事会で選出する。
  第11条 代表幹事が必要と認めるときは、本会に若干の職員を置くことができる。
     
第3章 総会等
  第12条 原則として、毎年10月に通常総会を開催する。また、代表幹事は必要に応じ、臨時総会を招集することができるものとする。総会の議事は幹事が進行し、出席した正会員の過半数の同意をもって決する。
  第13条 原則として2ヶ月に1回以上、幹事会を開催する。
     
第4章 会計等
  第14条 本会の資産は会費、寄附金及びそれらの利子による。この収支決算は、毎年1回会員に報告する。なお、会計年度は7月1日から翌年6月30日とする。
  第15条 正会員は、会費として毎年2000円を納入するものとする。
但し、大学院生・研究生は会費の納入を免除する。
     
第5章 その他
  第16条 本規約は、総会において出席した正会員の過半数の同意をもって、変更できるものとする。
  第17条 本規約は、平成8年10月19日から発効する。
  附則 本規約の改訂は、平成28年10月29日から発効する。
■ 筑波大学社会工学類都市計画同窓会個人情報取扱方針
  平成20年10月18日の総会において、
筑波大学社会工学類都市計画同窓会個人情報取扱方針が承認されました。
  個人情報取扱方針PDFファイルはコチラ
■ 入会・変更等の手続き
  入会手続き・連絡等は,各期の役員までお願いします。