■ 規約

第1条 (設立根拠・名称)

本会は筑波大学社工都市計画同窓会規約(以下「同窓会規約」)第4条に基づき設置し、「筑波大学社工都市計画同窓会九州支部」と称する。

第2条 (会員)

本会は同窓会規約第5条に該当し、かつ九州に在住する者を会員とする。

第3条 (目的および活動)

1.本会は、会員相互の親睦と情報交換を通じた会員個々人の向上と、会員間のネットワーク構築ならびに九州地域発展に資することを目的とする。
2.目的達成のため、定期的な親睦、情報交換の場を設ける。その他、目的達成に必要な活動をおこなう。 3.支部の活動には、会員の紹介により、会員以外の者も参加できる。

第4条 (役員)

本会には以下の役員を置き、運営にあたる。
・支部長1名
・副支部長1名
・常任幹事3名以内
・当番幹事2名以内

第5条 (役員の役割)

支部長は、本支部を代表し、支部活動を総括する。
副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故あるときはその職務を代行する。
常任幹事は、支部長の命により支部の業務を処理する。
当番幹事は、支部長の命により支部活動を実施する。

第6条 (役員の選出・任期)

1.支部長、副支部長、常任幹事は会員の中から選任し、支部総会の承認を得て決定する。
2.当番幹事は、恥部活動ごとに支部長が会員のなかから任命し、当該支部活動終了により任を解く。
3.支部長、副支部長、常任幹事の任期は1年(総会から次回総会まで)とするが、再任をさまたげるものではない。
4.任期中に転勤等やむを得ぬ事情による職務を遂行できなくなった場合、幹事会にて代行者を選出する。代行者の任期は次回総会までとする。

第7条 (総会・幹事会)

1.本会は年1回、支部総会を開催し、役員の承認、支部活動およびその他支部に関する重要事項について決定する。
2.総会の開催時期、議題は幹事会にて決定し、支部長が召集する。また、支部長は必要に応じて臨時総会を招集することができる。
3.総会の議長は、支部長が務める。
4.本会に支部長、副支部長、常任幹事で構成する幹事会を設置し、支部活動の具体的事項を決定し執行する。必要により当番幹事を出席させることができる。
5.幹事会は支部長が招集する。

第8条 (運営会費)

1.本会の活動にかかる費用は、原則として活動への参加者の負担とし、活動ごとに清算する。
2.余剰金が発生した場合には、幹事会で預かり、次回活動に繰り越す。

第9条 (その他)

1.その他本規約に記載のない事項については、同窓会規約を準用する。
2.本規約は、総会において出席者の過半数の同意をもって、変更することができる。
3.本規約は、支部創立総会の日より発効する。