最終発表の様子

・更新情報
(2010/06/30)2010年度の最終発表が終了しました.
(2010/06/30)2010年度提出作品をアップロードしました.
(2010/06/09)第8回講義用の資料をアップロードしました.
(2010/04/13)第1回講義用の資料、追加資料をアップロードしました.


・最終発表について
最終発表は、A1 ケント紙にコンセプトやイメージなどをまとめ、
図面
@位置図
A配置図
B平面図
C立面図
D断面図
を貼り付けて、発表に望んでください。図面のスケールは1/50でも、1/25でも構いません。

最後に、 E模型(1/100 または1/50,壁の厚みも考えること)
を仕上げ、発表当日に持ってきてください

・配布資料
空間演習I プレゼンテーションについて 2010/06/08 (PDF)
空間演習I 最終発表パネル見本@ 2010/06/09 (PDF)
空間演習I 最終発表パネル見本A 2010/06/09 (PDF)
空間演習I 01:追加資料 2009/04/14 (PDF)
空間演習I 01:講義の概要と計画 2010/04/13 (PDF)



■講義目的

社会工学類に入学して、空間の設計を目指す学生向きの演習である。木造建築の設計の基礎
を習得し、最終的に木造住宅設計の課題に取り組む。本社会工学特設講義(空間演習)では,
戸建住宅の設計を通じて,建築・都市設計をするうえで必要な考え方と技術を習得させる.
「都市空間の歴史」,「都市空間の計画とデザイン」,および「アメニティ創造のまちづくり実習」
を受講する際には,本演習を修得しておくことが望ましい.


■スケジュール

@2010/04/13(火):講義の概要と計画/住宅建築の事例/道具・設計図面/

A2010/04/20(火):各自の課題地・コンセプトについて

B2010/04/27(火):エスキス/図面について

2009/05/04(火):祝日

C2010/05/11(火):【図面の提出I】

D2010/05/18(火):【図面の提出II】講評

E2010/05/25(火):模型の作り方

F2010/06/01(火):エスキス、講評

G2010/06/08(火):講評,講義:プレゼンテーションについて

H2010/06/15(火):プレゼンテーション作業

I2010/06/22(火):設計課題発表・講評





■評価方法等

本講義は演習形式のため,全出席し,全課題を提出し,そのすべてがC 以上
であることを単位認定の条件とする.課題により総合的(発想力,労力,プレゼンテーション,
的確性を考慮)に判断する.全課題を提出していない場合は履修放棄とみなす.課題は
原則として,発表当日の講義開始時(16 時45 分)までに提出すること.遅れて提出した場合は
減点もしくは未提出として扱うので注意すること.



■教科書

・三川栄吉:住宅のデザインと製図
・住宅建築文化センター編,実践住宅模型講座
・大野秀敏編著:建築のアイデアをどうまとめていくか?もうひとつのテーマは「都市への戦略」